主体108(2019) 11月 17日

平壌で2019年アジア・ジュニア・ユース
重量挙げ選手権大会が開幕

2019年アジア・ジュニア・ユース重量挙げ選手権大会が20日、平壌で開幕した。

朝鮮をはじめ10余の国・地域の優秀な男女選手が参加した今選手権大会は、ジュニア級(13歳~17歳)とユース級(15歳~20歳)に分かれて行われる。

青春通り重量挙げ競技館で行われた開幕式では、今選手権大会国家準備委員会委員長である全光虎内閣副総理、選手権大会組織委員会委員長である平壌市人民委員会の車熙林委員長、体育省のファン・サンホ副相、重量挙げ協会のキム・グァンドク書記長、関係部門の活動家、平壌市民が参加した。

国際重量挙げ連盟の書記長とアジア重量挙げ連盟の書記長をはじめ連盟のメンバー、審判員と複数の国・地域の選手団がこれに参加した。

国際重量挙げ連盟の書記長とアジア重量挙げ連盟の書記長は、選手権大会の開催のための朝鮮民主主義人民共和国政府の積極的な協力と努力に謝意を表すとし、今大会が参加者間の親善と友誼を深めるよい契機となるだろうと述べた。

車熙林委員長は、大会の参加者を熱烈に歓迎し、今選手権大会がアジアの重量挙げ発展に寄与するとの期待を表明しながら大会開幕を宣言した。

開幕式では、朝鮮の芸術人と学生・少年の公演があった。

競技は21日から行われる。

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2019 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved