主体108(2019) 7七月 23日

中央研究討論会

総書記の著作「民族の偉大な精神力を発揮して強盛大国建設の各部門で革命的大高揚の炎をさらに強く燃え上がらせよう」に提示された思想・理論を深く体得し、今年の自力更生大進軍で革命的高揚を起こしていくための中央研究討論会が6月18日、青年中央会館で行われた。

中央と平壌市内の党、行政、勤労者団体、科学、教育、文学・芸術、出版・報道部門、党活動家養成機関、革命事績部門の活動家が参加した。

討論会では、総書記がチュチェ98(2009)年6月25日に発表した同著作の科学性、正当性、生命力と強い民族自尊、自力更生の精神力を最大限に発揮して社会主義建設の各部門で革命的高揚を起こしていくための課題と方途について深く解説、論証した各論文が発表された。

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2019 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved