主体108(2019) 5月 23日
2019年国際助産婦デーにちなんだ
行事が行われる

2019年国際助産婦デーにちなんだ行事が5月14日、平壌の人民文化宮殿で行われた。

保健医療部門、省・中央機関、出版・報道部門の活動家と駐朝国連人口基金(UNFPA)代表、世界食糧計画(WFP)代表をはじめとする国際機構代表部のメンバーが、これに参加した。

行事で各発言者は、今年に国際助産婦連盟が「助産婦―女性権利の保護者」というテーマを提起し、助産婦に対する社会的関心を高めるためのいろいろな活動を繰り広げていることについて指摘した。

また、助産婦の陣容を強化し、妊産婦の健康管理を責任をもって行い、女性の権利を保護すべきだと強調した。

続いて、助産過程に得た経験に関する発表と助産婦のための質疑応答があった。

参加者は、平壌産院の医療従事者の芸術小品公演を鑑賞した。

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2019 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved