主体107(2018) 9月 26日

青年前衛のたいまつ夜会

9月10日夜、朝鮮民主主義人民共和国創建70周年祝賀青年前衛のたいまつ夜会「英雄朝鮮の剛勇な気概を轟かして青年 前進しよう!」がピョンヤンキムイルソン広場で行われた。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議常任委員会のキムヨンナム委員長、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員・朝鮮民主主義人民共和国国務委員会副委員長であるパクポンジュ内閣総理をはじめ、党と政府、軍隊の幹部と各道党委員長、青年同盟中央委員会の第1書記が幹部壇についた。

朝鮮民主主義人民共和国創建70周年祝賀行事に参加するために朝鮮を訪問しているキューバ共和国のサルバドル・アントニオ・バルデスメサ国家評議会第1副議長兼閣僚評議会第1副議長、バース・アラブ社会党のヒラル・ヒラル地域副書記をはじめ、諸国の党・国家、政府代表団の団長が幹部壇についた。

また、在日本朝鮮人祝賀団、在中朝鮮人総連合会祝賀団、国際リョ人統一連合会代表団の団長が幹部壇についた。

招待席には、朝鮮民主主義人民共和国創建70周年祝賀代表、党、武力、政権機関、省・中央機関の活動家、朝鮮人民軍、朝鮮人民内務軍の将兵、功労者がついていた。

海外同胞祝賀団、代表団員、海外同胞、反帝民族民主戦線平壌支部の代表、諸国の代表団員と駐朝外交および国際機構の代表、武官団員、外国人が夜会に招待された。

たいまつ夜会の開始が宣されると「輝かしい祖国」の歌が響き渡る中、夜会場には共和国創建記念日を祝う「9・9」「慶祝70」という文字が刻まれた。

主席の太陽像とキムジョンイル総書記の太陽像を形象化した赤旗を掲げたオープンカーがたいまつ棒を手にした青年前衛に護衛されて歴史の広場に入った。

主席と総書記に対する限りない敬慕の念を抱いて青年学生がたいまつで、「民族」「朝鮮」の大型文字を記し、太陽の図形を形象化した。

革命頌歌「キムジョンウン将軍賛歌」の旋律が荘重に響き渡る中、青年学生は時代の最も活力ある部隊に押し立て生と偉勲の活躍舞台を開いた最高指導者委員長に対する燃えるような衷情をたいまつに盛り込んで党マーク、共和国旗の図形と「時代」「最高指導者」「勝利の旗印」などの文字を記した。

社会主義朝鮮の強大性の象徴であり、百戦百勝の旗印である最高指導者委員長に全国の人民と青年がささげる限りない祝賀の心が「元帥に栄光を!」という大型たいまつ文字に昇華されて燃え上がり、祝賀の花火が打ち上げられてたいまつ夜会の終わりを意義深く飾った。

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2018 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved