主体108(2019) 5月 23日

メーデー129周年記念北南労働者団体が、労働者が先頭に立って両宣言を履行しようと強調

 

メーデー129周年記念北南労働者団体である朝鮮職業総同盟中央委員会、全国民主労働組合総連盟、「韓国労働組合総連盟」が1日、共同声明を発表した。

声明は、全世界の労働者の国際的祝日であるメーデー129周年を迎えて、北南の労働者が平和・繁栄、自主統一の道の先頭に立つという固い意志を宣言すると指摘した。

また、自主平和統一を目指す全同胞の献身的努力に連帯を送るとともに、20年を一様に守ってきた北南労働者の固い連帯で歴史的な板門店(パンムンジョム)宣言と9月平壌(ピョンヤン)共同宣言履行の先頭に立っていつも共に進むことを宣言するとし、次のように強調した。

1.われら労働者は朝鮮民族同士の旗印の下に一致団結して、歴史的な板門店宣言と9月平壌共同宣言履行の活路を切り開くであろう。

北南の全労働者は、現在の停滞状態に終止符をうち、宣言履行の新たな動力をつくるために勇躍立ち上がるであろう。

いかなる場合にも、二度と緊張と対決の時代に逆戻りしないために北南の労働者が先頭に立って宣言履行の環境と条件を整えることに最善を尽くすであろう。

民族の理解と要求を最も重んじる朝鮮民族同士の旗印の下に団結して、平和・繁栄、自主統一の新時代を切り開く機関車になるであろう。

2.われら労働者は、歴史的な板門店宣言と9月平壌共同宣言を無力化しようとするあらゆる企図に断固と立ち向かって闘うであろう。

われら労働者が先頭に立って分断の苦痛に終止符を打ち、平和・繁栄、自主統一の新時代を切り開かなければならない。

葛藤と対決をあおり立て、民族の利益を害する全ての行為を許さず、断固と立ち向かって闘うであろう。

差し当たり、4月27日から9月19日までを「北南宣言履行のための実践闘争期間」に宣布して歴史的な板門店宣言と9月平壌共同宣言を徹底的に履行するための条件と環境を整えていかなければならない。

3.北南労働者の連帯をいっそう強固にし、新しい段階の労働者統一運動を開拓していくであろう。

北南の労働者は、歴史的な板門店宣言と9月平壌共同宣言が指し示した道に沿って労働者統一運動をいっそう発展させていくであろう。

われわれは統一運動の政治的、大衆的、組織的強化のために絶え間ない努力を傾けて全民族的な統一運動を拡大していくことに積極的に寄与するであろう。

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2019 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved