主体107(2018) 11月 14日

反帝民戦中央委 「全国民に送るアピール」を発表

【平壌5月12日発朝鮮中央通信】インターネット・ホームページ「救国戦線」によると、反帝民族民主戦線(反帝民戦)中央委員会が10日、「朝鮮半島の平和と繁栄、統一のための板門店宣言」の履行へと決起させる「全国民に送るアピール」を発表した。

アピールは、4・27板門店衝撃に民心が沸き、世界が歓呼しているとし、次のように明らかにした。

敬愛する国務委員長は、新しい統一歴史の偉大な創造者、全同胞の希望の柱であり、南北三千里を照らす燦爛(さんらん)たる太陽である。

敬愛する国務委員長を民族の最高領袖として高くいただいた自負と栄光を全世界に誇示しよう!

天下不世出の愛国者である敬愛する国務委員長を祖国統一の星として一心で仰ぎ、変心することなく従おう!

民族自主は、板門店宣言に貫かれている根本核である。

烈火のような民族愛と揺るぎない自主意志の結実である板門店宣言を体してわが民族の自力でこの地に必ず尊厳ある統一強国をうち建てよう!

民族共同の平和と繁栄、統一はただ同胞の団結した力によってのみ成し遂げることができる。

進歩と保守、階級と階層、理念と信教の差を超越して平和と繁栄、統一強国という民族の大義を成し遂げるための滔々(とうとう)たる大河に合流しよう!

「韓」半島の戦争危険を解消し、平和と安全を保障するのはわが民族の運命に関連する重大な問題であり、統一の必須の前提である。

この地の平和と安全を危うくするいかなる軍事的挑発や戦略資産の無分別な展開、戦争演習も絶対に許さないよう!

わが民衆、わが民族構成員の一人一人は誰が決して代わってくれることのできない時代の主人公、歴史の創造者である。

アピールは、全同胞が民族の燦爛たる太陽を一心全力で支えて板門店宣言の履行に活火山のように立ち上がる時、統一強国の呱々の声は必ずあがるであろうと強調した。

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2018 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved