主体108(2019) 9月 20日

朝鮮の商業はどんな商業ですか?

朝鮮の商業は社会主義商業であり、本質上、人民に対する供給活動です。

朝鮮では、人民の物質的・文化的需要を満たすことに奉仕するという社会主義商業のあり方に即して、供給的機能を高める原則で、その優越性を発揮させています。

朝鮮の商業には、所有形態によって国営商業と協同団体商業があり、生産物の経済的使命と流通組織形式によって、消費財商業、公共給食、買い上げなどがあります。

国営商業は、生産と消費を計画的に結びつけて、生産を速いテンポで高め、勤労者の物質・文化生活を向上させるうえで重要な役割を果たしています。

また、都市と農村間、工業と農業間の経済的連係を実現して、工業と農業を急速に発展させ、労農同盟を強化することに寄与しています。

協同団体商業には、生産協同組合と水産協同組合、それに一部の協同農場が自営する直売商業があります。

勤労者に対する消費財の供給を担当している消費財商業は、社会主義商業の内部分業の中で最も重要な構成部分をなしています。

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2019 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved