主体108(2019) 11月 18日

自立的民族経済とは何ですか?

自立的民族経済とは、外国に従属せず、独り立ちできる経済のことです。

自立的民族経済建設に関する思想は、抗日武装闘争の時期に主席によって作成された『祖国光復会10大綱領』(1936.5)で初めて提示されました。

朝鮮の解放(1945.8.15)直後主席は、日本帝国主義植民地支配が残した弊害を一掃して新しい国づくりをするためには、外国の援助を受けて経済を建設するのではなく、自力更生によって自立的な民族経済を建設すべきであるとし、そのための指導を精力的に行いました。

朝鮮では、自立的民族経済建設路線を社会主義建設の全期間にわったて堅持しています。

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2019 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved