主体107(2018) 9月 25日

5大革命歌劇はどんな歌劇ですか?

5大革命歌劇は『血の海』『花を売る乙女』『密林よ語れ』『党の真の娘』『金剛山の歌』です。

1971年にピバダ歌劇団が創作した革命歌劇『血の海』は、主席が抗日革命闘争の時期に創作した不朽の名作である革命演劇『血の海』を脚色した最初の新しいタイプの革命歌劇です。

1972年に万寿台芸術団が創作した革命歌劇『花を売る乙女』は、主席が抗日革命闘争の時期に創作した不朽の名作である革命歌劇『花を売る乙女』を『血の海』式歌劇の創作原則と方途に基づいて脚色したものです。

1972年に国立民族芸術団が創作、公演した革命歌劇『密林よ語れ』は、抗日革命闘争の時期に敵中で地下工作の任務を立派に遂行した主人公の姿を通じて、朝鮮人民革命軍隊員の将軍に対する限りない忠誠心、祖国と人民に対する熱烈な愛と気高い革命家的人間性、不屈の意志と革命的楽観主義などを深く描いています。

1971年に朝鮮人民軍協奏団が創作した革命歌劇『党の真の娘』は、祖国解放戦争(朝鮮戦争)の時期、幾多の試練を乗り越えて任務をあくまで遂行し、最後の瞬間まで将軍と朝鮮労働党に限りなく忠実であった女戦士の感動的で気高い姿を描いています。

1973年に平壌芸術団が創作した革命歌劇『金剛山の歌』は、日本帝国主義支配時代に生き別れになった一家が社会主義祖国の懐で20余年ぶりに再会する劇的な話を通じて、主席がもたらした社会主義制度の優越性を感銘深く描いています。

 

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2018 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved