主体107(2018) 11月 17日

知的所有権の保護はどのように行っているのですか?

朝鮮には、全国各地に知的所有権を保護するための代理所があります。

代理所は、朝鮮で知的所有権の保護を受けようとする海外の会社や個人の委任により、特許の申請、審議の全過程に持ち上がる問題の処理、再審議、訴訟の処理を申請者に代わって申請者の名で行うなど、すべての公式的かつ法律的な活動を行っています。

それに、国内で知的所有権の保護を望む国内の人々に便宜と満足を与えるサービス方法と条件を具備し、手続きを簡素化し、迅速かつ正確に処理することに力を入れています。

また、世界各国にある代理所と密接なつながりを持ち、国内外の数多くの特許や商標など知的製品の申請及び登録件を処理しています。

これとともに、新しいサービス項目を補って代理業務の内容を絶えず更新することで、依頼人の多様な要求を充足させています。

朝鮮民主主義人民共和国発明総局と商標・工業デザイン・原産地名事務所の傘下に龍山(リョンサン)代理所、ナムサンジェ特許・商標代理所、アリラン特許・商標代理所、平壌知的資源交流所などがあります。

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2018 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved