主体107(2018) 11月 17日

四季を通じて新鮮な野菜を供給する対策をどのように立てているのですか?

朝鮮では、四季を通じて人民に新鮮な野菜を十分に供給すべく野菜の生産に大きな力を入れています。

都市と労働者区の周辺には野菜を専門に生産する協同農場と野菜作業班があり、野菜の生産に努めています。

適地適作、適期適作の原則で野菜栽培の適地を定め、野菜の時期別需要を満たすべく、さまざまの多収穫品種の栽培に努め、灌水システム、段階式栽培、多株栽培法を広く取り入れています。

特に、季節の制約を受けることなく野菜を生産するために、野菜を段階式に栽培する一方、近代的な野菜温室を大々的に建設して温床・温室栽培を積極的に行っています。

全国にアーチ式ビニールハウス、土壁式ビニールハウス、環状循環生産システムが導入された太陽熱温室など、さまざまの温室が建設され、温室野菜栽培の科学化、集約化が高い水準で実現しています。

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2018 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved