主体107(2018) 9月 24日

朝鮮民主主義人民共和国の国旗はどんな国旗ですか?

朝鮮民主主義人民共和国の国旗も1948年9月9日、共和国の創建とともに制定されました。

共和国の国旗は、縦横の比が1対2の長方形で、旗の中央に幅の広い赤地があり、その上下に細い白地、さらに青地があり、赤地の旗竿寄りの白い円の中に赤い五角の星があります。

国旗の赤色は、祖国の自由と独立のために戦った抗日革命烈士の血潮と共和国のまわりに固く団結した朝鮮人民の不敗の威力を象徴します。

白色は、共和国が同じ領土で同じ血筋を引き、同じ言語と文化を持って潔白に生きてきた単一民族の国家であることを象徴します。

青色は、社会主義偉業の勝利と世界の平和と進歩のためにたたかう朝鮮人民の精神、共和国の自主権を象徴します。

赤い五角の星は、抗日の革命伝統を受け継ぎ、力強く前進する朝鮮人民の英知に富む気概と共和国の将来の発展性を形象化しています。

共和国の国旗も主席が自ら制定しました。

 

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2018 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved