主体107(2018) 9月 26日

朝鮮民主主義人民共和国の国樹は何ですか?

朝鮮民主主義人民共和国の国樹はマツです。

マツは、朝鮮北部の高山地帯を除く海抜800m以下の広い地域に自生するマツ科の常緑針葉高木です。

高さ20~40m、径60cmほどです。

樹皮は赤褐色または黒褐色で、亀裂が生じてはがれます。

冬芽は円筒形または卵形で、枝の先に普通3~4本、多い時は6本ほど出ます。

針状の葉は普通は2本ずつ短枝の上に束生しますが、一部の幼木や大木には3本ずつ束生することもあります。

葉の長さは普通は7~12cmで、14cmになるものもあります。

マツは、一年中緑の葉をつけており、生命力が強いので、いかなる試練や難関にも微動だにしない朝鮮人民の気概を象徴しています。

 

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2018 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved